|日蓮宗 法光山妙圓寺 山梨県南巨摩郡 寺院
山梨県南巨摩郡身延町 日蓮宗 法光山妙圓寺
HOME 日蓮宗法光山妙圓寺 妙円寺由来 日蓮宗法光山妙圓寺 妙円寺祈願回向 日蓮宗法光山妙圓寺 妙円寺アクセス 日蓮宗法光山妙圓寺 妙円寺お問い合わせ 日蓮宗法光山妙圓寺 妙円寺
身延町 日蓮宗法光山妙圓寺 縁起
由来
祈願 回向 身延町 日蓮宗法光山妙圓寺
祈願
回向
永代供養
千部会特別祈願
年中行事 身延町 日蓮宗法光山妙圓寺
千部祈願会
旋餓鬼会
瀧口法難会
除夜の鐘
ご案内 身延町 日蓮宗法光山妙圓寺
アクセス
お問い合わせ
リンク
ご案内
お問い合わせ
妙音

facebook



トップページ»  瀧口法難会

瀧口法難会

龍口法難会 とは

文永八年(一二七一)九月十二日、日蓮聖人に佐渡への流罪の刑が言い渡されます。
その道中、龍口という処刑場があり、流罪の費用もかかるので、そこで処刑にしてしまおうという事になりました。その処刑場に向う途中、当時の名で津村という所があり、一人の老婆が日蓮聖人に、ボタ餅の供養をささげました。故あって老婆は山の麓に小庵を結び、そこで生活をしていました。老婆が鎌倉へ出かける度に、聖人が辻で説法をしており、その教えを聴聞しているうち、老婆もお題目を唱えるようになりました。

老婆は聖人が龍口で処刑されると聞き、有難い聖人へ、今生最後の御供養にと小豆を煮たが、まだ煮えきらぬ間に聖人が路を通られたので、有り合せのごま塩を振りかけたボタ餅。
「形は塩餅なれど心はボタ餅」と思い、御供養された。差し出された聖人は「今末法に法華経の行者を供養する功徳は、百千万億倍に勝れたる御供養。日蓮と聞く者は仇み、見る者は怒る世の中に斯る御供養を受くる御苦心は日蓮生々世々、忘れ申さず。過分に存ずるぞ。志は確かに受け取ったり。某やがて帰り戻る時まで、そちに預け置くぞ」といい渡した。これを「首つなぎのボタ餅」といいます。
ちなみに大聖人は、「天より降りし光の塊」により処刑の難を逃れ、佐渡へと流罪になりました。
龍口法難会

旋餓鬼会